2006年01月02日

曙 心ノ補完

時に 西暦2006年

2005年大晦日 「K−1プレミアム Dynamite!!」で曙が失ったモノ

すなわち、

「紅白歌合戦」で氣志團がパフォーマンスの際、vsボブ・サップ戦時のガマガエル・ダウンを再現し応援したにも関わらず、
アールアンドエープロモーション所属外国人タレント、ボビー・オロゴンにより奪われた
格闘家としての PRIDE の補完は

続いていた

<ボクワ、ドコニイレバイインダ?〕 〔全日本プロレスで、プロレスやってれば、いいと思うよ。〕



試合の詳細は、<ゲルググってみてよ!〕

posted by yossy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

おぉっとぉぉっ、新日本プロレスがゲーム会社ユークスの子会社だぁっ!

長州小力のプロレス参戦に関しての情報を得る為、電脳の海を航行しておりましたところ、
 ゲーム会社ユークスが新日本プロレスの全株式の51.5%を取得し子会社化する
そうですよ。
経営難に陥っていた新日本プロレスを救済したという事らしいです。
リキプロの長州力選手が、出向という形で新日本プロレスの現場監督として赴いても経営難には勝てなかったのですね。

ま、ギブ・アップ、タップ・アップしなかっただけいいや。

posted by yossy at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

おぉぉとっぉ!〔モトヤ、11・3「ハッスル」で飛びまぁす!飛びます飛びます>

おぉぉとっぉ!

和泉元彌、11・3「ハッスル・マニア2005」(横浜アリーナ)でプロレスデビュー
 ですとぉ!?

“空中元彌チョップ”と名付けた必殺技も秘密特訓中
 ですとぉ!?

ならば、敢えてこう言おう
 翔べ!モトヤ。と。


う〜む、やるなぁ、「ハッスル」=ドリーム・ステージ・エンターテインメント!

対戦相手は未定という事ですが、やはり是非、
ハッスル小川に<俺は、色男、嫌いなんだよぉ!〕とか言われてボコられてほしいですね。

posted by yossy at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

おぉとっ! 新日本プロレス、現場監督に長州力復帰 ですとぉ?

新日本プロレス、現場監督に長州力復帰

おめでとう 長州小力

これで、新たなる長州力ネタが出来るな。


う〜む、数年前、長州力選手が現場監督やってた時、いろいろもめなかったっけぇ?心配。

posted by yossy at 05:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

おぉぉっっとぉぉ、役者・橋本真也だぁぁ!

“破壊王”ハッスル・キング橋本真也選手が本格役者デビューを果たした
〔その名は、『極道プロレス』!>
が、完全無料インターネット放送の「GyaO」で10/20(木)正午迄やってます。

で、この『極道プロレス』という作品
新日本プロレスとの完全タイアップで実現した日本映画史上初めてのプロレスラーによるプロレス・ムービー。
です。

僕は、未観でしたのでこの機会に、観させて頂きます、「GyaO」さん。


「GyaO」さん ありがとう



posted by yossy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

〔ボクワココニイテモイインダ>曙の場合

時に 西暦2005年

事実上K−1を解雇された曙が失ったモノ

すなわち、

格闘家としての闘争本能の補完は

続いていた

だが、その全てを記すには、

あまりにも僕の才能が足りない

よって今は、



という名の中年

彼の格闘家としての闘争本能の補完のきっかけになったであろう事について

語る事にする

CASE3

曙の場合



事実上K−1を解雇された曙が向かった場所、それは、同じ四角いリングだがプロレスのリングだった。全日本プロレス社長武藤敬司の武藤塾であった。
そのきっかけになったと思う
W−1での曙VSムタ戦
を以前「GyaO」で観戦したので此処に僕の感想を記したいと思う。何故このタイミングなのかは筆者にとっても不明。〔多分、依頼がなかったから?>

偽者ムタと対戦した時は、ハリウッド映画「グレムリン」のグレムリンのようなフェイスマスクだったような気がする本物ムタ。今回は旬なので「スター・ウォーズ」のダース・ベーダーのようなマスクで入場だ。

対する曙は?はぁ?
〔何だよ何なんだよ!?>
新日本プロレスの吉江選手のようなワンショルダーのタイツであるが色は「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の本物のラクス様が大好きなピンク!しかもショッキングピンク!いや、色でびっくりしている場合ではない!どういう訳か胸を必死に隠している。何か賄いのおばちゃんのカッポーギ姿に見える。
そして試合は、曙のプロレスごっこ。試合中胸ポロリしちゃって必死に隠し直す曙チャン=B女だらけの水泳大会を狙っているのか?曙チャン?〔気持ち悪い>
うわっ!奇声を発してロープから飛んだ!!
K−1より楽しそうにリング上で遊んで闘っているぞぉ!
やっぱ、曙は格闘技じゃないよ、プロレスだよ!あの体、対戦相手に対しての圧力はあるけどそれだけじゃ格闘技は無理。
あの体を活かせるのは、プロレスしかない!

つ事で、やっとこの事に気づいた曙チャン。武藤塾に入塾しプロレスをやってるらしいじゃないですか。¥の事とかがクリアになったから、プロレスやる気になったのかな?K−1の方が¥↑っぽいもんね。


て事で、
〔ボクワココニイテモイインダ>曙の場合
でした。

おめでとう 曙

全日本プロレスという居場所がみつかったね。



posted by yossy at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

なぐりあいPRIDE編♪かぼんっ!べぇいべっ!♪

PRIDEをTVで観戦しましたよ。
詳しい試合経過や結果は他のBlogやサイトにお任せして僕のポイントを。

ミドル級
桜庭選手の事を〔彼を尊敬している>と字幕が出ていたシウバ選手による、アロアナ選手への仇討戦。TVでもそこんとこをフィーチャリングし煽る煽る!僕にはこの友情萌えとプロレス的演出は♪萌え上がっりぃますよぉぉ♪
お顔だけ見るとシウバ選手がヒールで、アロアナ選手がイケメン顔でベビーフェイスな筈なのに、アロアナ選手の前試合、桜庭選手を病院送りにしたエグくグロい試合で一気にヒールへ。シウバ選手はミドル級絶対王者で日本人選手とも好試合を展開してるので、やっぱりシウバ選手に感情移入してしまいます。が、しかし、シウバ選手負けちゃいましたよ。でも、決勝戦でアロアナ選手に勝ったショーグン選手はシウバ選手のジムの後輩という事で友情萌えと師弟の絆ストーリーは見事ハッピーエンド!ショーグン選手の踏み付けからのパンチ攻撃での勝利に高田氏は妙に興奮してたけど、アレ当然で、あれほど興奮する事ではないのでは?踏み付け攻撃に対し神経が行っていた隙にパンチ攻撃入れたんでしょ?

ヘビー級
「ドラゴンボールZ」人造人間編セル・ゲーム時の孫悟飯君みたいな「僕は本当は闘いたくないんだ」と言っているようなあの哀しいお眼々が僕は好きなヒョードル選手
VS
日本でCM出るは、本国クロアチアで主演したアクション映画のDVDがGAGAから発売になるはと、ボブ・サップ化してきているミルコ・クロコップ選手戦。作品タイトル入ったTシャツで入場してきたのは大笑い^O^
「ターミーネーター」の何作目かは解りませんがBGM流し捲くりでミルコ選手を煽る煽る!
ヒョードル選手のフック、ミルコ選手のハイキック、でのKOも観れず判定ってのはちょっと消化不良ですが、凄ぇ試合だった。

つ事で番組が煽った選手は負けちゃいました。

吉田道場の吉田選手と弟子の中村くん選手は勝ち、日本人勝って良かったね。

ミドル級決勝を闘ったショーグン選手とアロアナ選手は、ブラジル人。強いねブラジル人。サッカーも強いし、アントニオ猪木氏もブラジルで生活してたからねぇ。

posted by yossy at 02:54| Comment(4) | TrackBack(1) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

「その名は、DESTINY 2005」

三沢社長の所のプロレスリング「NOAH」の7・18東京ドーム大会DESTINY2005=@をTV観戦しました。詳しい試合経過、結果などは、他にお任せして、僕の感想を。

三沢光晴vs川田利明 戦:
うおぉ、ジャイアント馬場さん死去後、全日本プロレスを去った三沢選手と全日本プロレスを守った川田選手の闘いだぁぁ!全日時代の試合観てるみたい、タイム・スリップな感じだぁ。
川田選手相変わらず激しい。三沢社長エグいエルボー。試合後は、「いつ迄も一つ上の先輩でいて下さい」という敗者川田選手の爽やかなコメント。川田選手、全日本を卒業し事実上フリーという立場になったので、当時のわだかまりみたいなものは無いのかな。

小橋建太vs佐々木健介 戦:
鬼嫁こと夫人の北斗晶は観客席で、普通のメイクでおとなしく観戦。何だ?その逆水平の打ち合いは?ここは、笑いポイントであり、萌えポイント。この馬鹿っぷりが良い!うわ、紫色になってきた。解説やってた高山選手の提案のように、画面にカウンター表示させて何発打ってるか判らせてほしかったゾ、日テレ!健介ファミリー≠ニか言っちゃって、テレビ朝日の番組で一ヶ月一万円生活を夫人の北斗晶とやっちゃったりして(その間にIWGPのベルトはしっかりGETした。)ちょいとコメディー路線行っちゃた佐々木健介選手ですが、たまにこういう凄みを見せてくれるんだよねぇ。負けたくせに試合後にリング上から小橋選手に「ありがとう」と言ったり、解説やってた高山選手と握手したり、帰り際に夫人の北斗晶と抱擁。←このシーン見て流涙。この二人の結婚式をテレビ朝日が放送した時も健介のコメント聞いて流涙したのを思い出した。あの時は誰も、夫人の北斗晶が、鬼嫁でブレイクするとは思わなかったんだろうなぁ。何か爽やかだったな。いい試合が出来た。という充実感がそうしたのでしょうね、きっと。でもそれは、TV観戦していた僕にも伝わりましたよ、健介選手。今後も健介ファミリーと凄みを見せてくれる試合の2本立てでお願い致します。

小川良成vs天龍源一郎 戦:
元師弟対決って 事で煽ってましたねぇ。前の2試合とは違い、小川選手は天龍選手より30Kg体重が軽いので技を受けて凄みを見せる事が出来ません。Jrヘビーらしくかわしてますよ。天龍選手凄い!55歳だって!天龍選手勝利後は、元付き人の小川選手を気遣い肩を貸して花道を帰って行きましたよ。あら?ここも爽やか。

GHCヘビー級選手権試 力皇 猛vs(挑戦者)棚橋弘至 戦:
うおぉ、NOAHvs新日本だぁぁ!GHCヘビー級チャンピオンベルトを、「鋼の錬金術師」の等価交換の法則で頭髪を犠牲にし得た(此処にも実在した等価交換の法則!最近ホント、ヤバいっすよ、力皇選手!)力皇選手の張り手、凄ぇ!痛そう。流石、元力士。棚橋選手を降した力皇選手に凄みを感じました。

GHCタッグ選手権試合 丸藤正道 鈴木みのる VS (挑戦者)橋 誠 秋山準 戦: 
橋選手に肩入れする 秋山選手の気持ちも解りますが、世の中そんなに甘くないし、甘くちゃいけないんです。つ事で、丸藤正道 鈴木みのる組の勝ち。試合も映像も橋選手をフィーチャリングしてて。。。丸藤正道 鈴木みのる組の動きをもっと見たかったなぁ。

あとの試合は、ダイジェスト。

遺恨で引っ張るのも良いですが、試合終われば、ノー・サイド。なのも好きですよ。観てて気持ちいいすっよ。今夜の「NOAH」の7・18東京ドーム大会DESTINY2005≠フTV放送された試合では、爽やかさとプロレス/プロレスラーの凄みを再認識致しました。

いやぁ、こんな試合をマッチメイク出来ちゃう三沢社長、アンタ凄ぇ!




posted by yossy at 06:28| Comment(2) | TrackBack(2) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

プロレスラー破壊王°エ本真也選手追悼

昨夜は、ショックで白くなり思い浮かばなくなってしまったので、改めて書きます。

橋本真也選手は、ヤングライオンの時から見てましたね。「アントニオ猪木に憧れて」新日本プロレスに入団したのでその当時は黒いショートタイツで試合してました。髪がふさふさだった頃の武藤敬司選手と黒いカリスマに成る前の蝶野正洋選手との闘魂三銃士=A
アントニオ猪木さん、長州力選手、藤波辰爾選手、前田日明兄さんとこのUWF、ハッスルに成る前の小川直也選手との引退掛けた試合で負けて1回引退したり、と様々な死闘を繰り広げてくれました。新日本プロレスでは、上を倒して印籠を渡すという明確な世代交代が出来なかったのが残念でしたね。
そして、武藤選手はスキンヘッドに成り全日本プロレスの社長さんに成り、黒いカリスマに成った蝶野選手は新日本プロレスに残り、新日本プロレスを去った橋本選手は新団体Zero−One≠設立。橋本選手だけなんですよね、新団体を設立したのは。しかしこのZero−One≠熕ヤ字で活動停止に。
橋本選手を最後に観たのは、Zero−One≠ェ活動停止になる前に時々テレビ東京の日曜午後2時くらいからやっていたZero−One≠フ試合を放映していた番組でした。
「肩の手術をしてまたリングに戻ってきます。」と言ってました。
右肩にテ−ピングし捲りで試合をするその姿はジオン軍のMSザクのショルダーアーマーの様でした。「痛々しい破壊王は見たくない!」と番組にゲストで来ていた格闘技好きのタレント勝俣州和さんに言われてました。新日本プロレスのTV放映で昔実況をやっていた古館伊知郎さんがどんな事言うかなと思い「報道ステーション」観たら「彼は殉職です」と言ってましたね。
橋本選手は、観る度に「(頭の)血管切れそう」と思う、気迫の込もった感情まる出しな試合をしてましたね。鼻血もよく出してましたね。
死因は脳幹出血≠ニ言う脳の中の方が出血するもので助かる確立も低いそうです。脳幹出血≠フ主な原因は、高血圧とストレスだそうです。
生前の橋本選手はその生き様が、勝新太郎さんとダブる所が僕にはありました。
御遺族の方々、関係者の方々、ファンの方々、には本当に申し訳ないのですが、今は、こんな亡くなり方も橋本選手らしくていいじゃん。とちょっと、爽やかになってしまうんです。不謹慎で本当に申し訳ありません。
橋本選手は天国に行っても安らかに眠ったりしませんよ、先に逝ったプロレスラー達と闘いますよ。
24日のテレビ朝日「ワールドプロレスリング」で追悼番組を放映。
俳優としての遺作となった韓国映画「力道山」は来春公開らしいですよ。

合掌。

今活動しているプロレスラー、格闘家の方々は、体に本当×∞に気をつけて下さい。





posted by yossy at 23:59| Comment(2) | TrackBack(1) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

破壊王、逝く

27.jpg

プロレスラー橋本真也選手が亡くなりました。死因は脳内出血らしいです。
40歳だったそうです。早過ぎます。信じられません。
K−1のアンディ・フグ選手が亡くなった時も信じられなかったけど、
「病気と闘います」と生前にお手紙を残してくれたから泣く事も出来たけど。。。。。

リングに帰らぬまま逝ってしまった破壊王橋本真也。
本当に悔やまれます。

天国のリングでジャイアント馬場さんやジャンボ鶴田さん他
先に逝ったプロレスラーの方々と闘ってくれ。





ご冥福をお祈りいたします




posted by yossy at 19:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

♪その名はその名は、ムシぃキ〜ングっ!♪ 

6月25日に千葉市の幕張メッセで開催された
第22回次世代ワールドホビーフェア

三沢光晴社長率いるプロレスリング「NOAH」のNewマスクマンムシキング≠フお披露目が行われたわけですが、
期待していたマスクのデザインが
カブト虫
じゃなくてガッカリ。
〔角は?角無ぇじゃん>@o@
角着けたら対戦相手が危険なのは解りますが、
ライガーさんを見習い敢えて甲虫のような角を着け
ライガーさんとの団体の枠を越えた角対決≠期待してたのに。。。
こうなったら新日本プロレスは
ムテキング′セうNewマスクマンを出してみては。
〔どうですか?タツノコプロさぁん>
古くて駄目だ≧3≦
じゃあじゃあ、
同じ局で大好評放映中の「仮面ライダー響鬼」とのタイアップで
猪鬼′セう鬼をリングに登場させ「仮面ライダー響鬼」本編にも出すってのは?
〔どうですか?東映さぁん>
これも駄目だ≧3≦








posted by yossy at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

PRIDE GP 2005 2nd ROUND TV観戦

僕の注目試合:

田村vs瀧本戦
勿論、田村選手を応援です。
両者の想いをぶつけ合い客を萌え上がらせない試合に敢えてしている
田村選手にプロとして格闘技の世界でやってきた意地そして
「恐怖を教え込む」を感じましたよ。
瀧本選手にしてみれば
自分の想いをスカされた試合でKOされたら普通に試合しKOされた以上に悔しく
トラウマを刻み込まれる。
そこ迄計算して田村選手はやっていたと僕は思っています。
アントニオ猪木さんの試合でもこういう試合観た事ありますよ。
「あしたのジョー2」
の、矢吹丈vsホセ・メンドーサ戦で丈の目の奥で白く燃える炎を見て
「恐怖」を感じ脅え始めるホセ。
この試合にもここ迄の展開を田村選手に期待したのですが、
第3ラウンドで
田村選手をテイクダウンしマウントポジションになり終始圧倒した瀧本選手に
。茹サ。シ・鬘シ・なんかと仲良しさんに成り、成り↓ったフジテレビがあおる天才≠認めなきゃいかんなぁ。と、瀧本選手の人格は別にして思いました。
以上の事から
KOではなく判定勝ちした田村選手のこの試合におけるミッション達成率は余り↑くないですね。
ここが僕が田村選手に抱く「いま一歩」の所で悔しい所なんですよ。

中村vsシウバ戦
中村選手の試合途中リング上での柔道着脱ぎは
「俺スイッチ入りました!」
の、解り易いパフォーマンスで良かったんですが、
これは作り物じゃなくリアルなリングの上なのでそんなパフォーマンス/演出は不要です。
対戦相手シウバだぞ!ほら負けた。

桜庭vsアローナ戦
サクは入場パフォーマンスで中学生に成長!(^o^
しかし試合はお気楽に観れない流血&お顔変形の非情にシビアな展開に≧.≦
そして
♪サクラバマタチル♪
な結果に!(TДT)<入場パフォーマンスも打ち切りで未完。〕
悔しい。


8・28 ヒョードルvsクロコップ戦決定!←♪萌え上がるっ♪


レフェリーの方々が
テンプルに小型カメラを尻部に送信機を入れたポーチを装着し
レフェリングされているお姿は重そうで大変ですなぁ。⊂(ーー<選手の方が大変ですっ!〕

♪ComeonBaby♪な試合前の選手紹介のVTRは
「新世紀エヴァンゲリオン」
の、碇ゲンドウさんの立木文彦さんのお声と面白ナレーション原稿と編集で益々面白くなっている^^






 
posted by yossy at 00:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

6・25幕張

第22回次世代ワールドホビーフェア
での三沢社長の所の「NOAH」のNewマスクマン
ムシキング=b(≧n≦)|の発表見るのと
千葉マリンスタジアムでの
千葉ロッテマリーンズ観戦を抱き合わせしようと思ったら
マリーンズ、この日は遠征、対バファローズ戦です。



posted by yossy at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

絶対に負けられない兄弟喧嘩がそこには有る

花田兄弟の兄弟喧嘩。

この騒動、大相撲のイメージをダウンさせる物だ。

現役時代、大相撲の人気をめちゃくちゃ上げた花田兄弟なのにねぇ。
これは、どうよ?

お互いの立場から考え方とか違うのは解るんだけど・・・・・

こうなったら、もう、

<お前ら、そんなに喧嘩がしたいのか?お前ら元横綱だろ、
なら、リングの上で闘えぇ!〕
と、1、2、3、ダーーーーッ!で、アントニオ猪木さん頼み。
猪木さん、花田兄弟の遺恨を晴らさせてあげて下さい。お願いします。
大晦日、期待してます。


 〔どうですか?この記事読んでいるお客さぁん。>





posted by yossy at 09:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

K-1 WORLD GP 2005 IN PARIS 

♪四角い所は丸く掃けぇ♪
などと、
大人気で放映時間もいい時間にお引越しし、益々ペコポン侵略に拍車がかかる
「ケロロ軍曹」の主題歌を歌ってる場合じゃない事に気付き
「ケロロ軍曹」2年目最初のエンディングテーマを
納税王ハッスル小川直也にあっさり譲り渡した

 〔オイシイ思い出来るでありますよ><なのに、もったいない。ケーロケロケロケロ〕

角田伸明師範の復帰第2戦目は56秒の秒殺でマーべリックをKO。

やりゃ出来るじゃん。
これじゃぁ益々、復帰第1戦目の対曙戦は勝たせる為の試合と思われてしまう。
曙選手の圧力は確かに凄いが、
アンタがぼの太郎を倒すのを観たかったんだよ!

バンナ対アビディ
試合よりも
ラウンドを追う毎に手負いのバンナのお顔が変形していくのが気になり、
そして、面白かった。




<軍曹さぁん、角田師範は、ガンプラよりもゴジラのフィギュアのほうが欲って今回歌ってくれなかったみたいですぅ〜〕
〔何ですとぉ!>





posted by yossy at 14:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

K-1 WORLD MAX 2005開幕戦TV観戦

ネタばれ御免GONG!
posted by yossy at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

PRIDE ミドル級GP2005 開幕戦

秒殺復活 桜庭選手
今回の入場パフォーマンスは、
ランドセルを背負い新小学生1年生に扮してました。地味でした。
で、試合は、秒殺でした。もっと観たかったゾ、サク!
対戦相手の韓国の柔道選手の絞め技も観たかったゾ。
ま、でも、完全復活って事で、良かった良かった。

吉田選手惜しかったね。
僕の判定では、第1ラウンドは、吉田選手。第2ラウンドは、シウバ選手。
第3ラウンドは、シウバ選手優勢、でも、残り20秒位からの絞め技で決まるか?
って、思ったんだけど。

衝撃的だったのは、ランペイジvsショーグン戦。
「アバラ折れてます。」とアナウンス入った直後のコーナーでの、
ショーグンの怒涛のラッシュ!
攻め所ではあったけど、アナウンスとのタイミング良過ぎ。
映画の演出みたいだったゾ!

今後、PRIDEには、UFCからの刺客がどんどん来るらしいゾ。
posted by yossy at 05:11| Comment(0) | TrackBack(2) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

曙 心ノ補完

時に 西暦2006年

2005年大晦日 「K−1プレミアム Dynamite!!」で曙が失ったモノ

すなわち、

「紅白歌合戦」で氣志團がパフォーマンスの際、vsボブ・サップ戦時のガマガエル・ダウンを再現し応援したにも関わらず、
アールアンドエープロモーション所属外国人タレント、ボビー・オロゴンにより奪われた
格闘家としての PRIDE の補完は

続いていた

<ボクワ、ドコニイレバイインダ?〕 〔全日本プロレスで、プロレスやってれば、いいと思うよ。〕



試合の詳細は、<ゲルググってみてよ!〕

posted by yossy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

おぉっとぉぉっ、新日本プロレスがゲーム会社ユークスの子会社だぁっ!

長州小力のプロレス参戦に関しての情報を得る為、電脳の海を航行しておりましたところ、
 ゲーム会社ユークスが新日本プロレスの全株式の51.5%を取得し子会社化する
そうですよ。
経営難に陥っていた新日本プロレスを救済したという事らしいです。
リキプロの長州力選手が、出向という形で新日本プロレスの現場監督として赴いても経営難には勝てなかったのですね。

ま、ギブ・アップ、タップ・アップしなかっただけいいや。

posted by yossy at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

おぉぉとっぉ!〔モトヤ、11・3「ハッスル」で飛びまぁす!飛びます飛びます>

おぉぉとっぉ!

和泉元彌、11・3「ハッスル・マニア2005」(横浜アリーナ)でプロレスデビュー
 ですとぉ!?

“空中元彌チョップ”と名付けた必殺技も秘密特訓中
 ですとぉ!?

ならば、敢えてこう言おう
 翔べ!モトヤ。と。


う〜む、やるなぁ、「ハッスル」=ドリーム・ステージ・エンターテインメント!

対戦相手は未定という事ですが、やはり是非、
ハッスル小川に<俺は、色男、嫌いなんだよぉ!〕とか言われてボコられてほしいですね。

posted by yossy at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

おぉとっ! 新日本プロレス、現場監督に長州力復帰 ですとぉ?

新日本プロレス、現場監督に長州力復帰

おめでとう 長州小力

これで、新たなる長州力ネタが出来るな。


う〜む、数年前、長州力選手が現場監督やってた時、いろいろもめなかったっけぇ?心配。

posted by yossy at 05:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

おぉぉっっとぉぉ、役者・橋本真也だぁぁ!

“破壊王”ハッスル・キング橋本真也選手が本格役者デビューを果たした
〔その名は、『極道プロレス』!>
が、完全無料インターネット放送の「GyaO」で10/20(木)正午迄やってます。

で、この『極道プロレス』という作品
新日本プロレスとの完全タイアップで実現した日本映画史上初めてのプロレスラーによるプロレス・ムービー。
です。

僕は、未観でしたのでこの機会に、観させて頂きます、「GyaO」さん。


「GyaO」さん ありがとう



posted by yossy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

〔ボクワココニイテモイインダ>曙の場合

時に 西暦2005年

事実上K−1を解雇された曙が失ったモノ

すなわち、

格闘家としての闘争本能の補完は

続いていた

だが、その全てを記すには、

あまりにも僕の才能が足りない

よって今は、



という名の中年

彼の格闘家としての闘争本能の補完のきっかけになったであろう事について

語る事にする

CASE3

曙の場合



事実上K−1を解雇された曙が向かった場所、それは、同じ四角いリングだがプロレスのリングだった。全日本プロレス社長武藤敬司の武藤塾であった。
そのきっかけになったと思う
W−1での曙VSムタ戦
を以前「GyaO」で観戦したので此処に僕の感想を記したいと思う。何故このタイミングなのかは筆者にとっても不明。〔多分、依頼がなかったから?>

偽者ムタと対戦した時は、ハリウッド映画「グレムリン」のグレムリンのようなフェイスマスクだったような気がする本物ムタ。今回は旬なので「スター・ウォーズ」のダース・ベーダーのようなマスクで入場だ。

対する曙は?はぁ?
〔何だよ何なんだよ!?>
新日本プロレスの吉江選手のようなワンショルダーのタイツであるが色は「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の本物のラクス様が大好きなピンク!しかもショッキングピンク!いや、色でびっくりしている場合ではない!どういう訳か胸を必死に隠している。何か賄いのおばちゃんのカッポーギ姿に見える。
そして試合は、曙のプロレスごっこ。試合中胸ポロリしちゃって必死に隠し直す曙チャン=B女だらけの水泳大会を狙っているのか?曙チャン?〔気持ち悪い>
うわっ!奇声を発してロープから飛んだ!!
K−1より楽しそうにリング上で遊んで闘っているぞぉ!
やっぱ、曙は格闘技じゃないよ、プロレスだよ!あの体、対戦相手に対しての圧力はあるけどそれだけじゃ格闘技は無理。
あの体を活かせるのは、プロレスしかない!

つ事で、やっとこの事に気づいた曙チャン。武藤塾に入塾しプロレスをやってるらしいじゃないですか。¥の事とかがクリアになったから、プロレスやる気になったのかな?K−1の方が¥↑っぽいもんね。


て事で、
〔ボクワココニイテモイインダ>曙の場合
でした。

おめでとう 曙

全日本プロレスという居場所がみつかったね。



posted by yossy at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

なぐりあいPRIDE編♪かぼんっ!べぇいべっ!♪

PRIDEをTVで観戦しましたよ。
詳しい試合経過や結果は他のBlogやサイトにお任せして僕のポイントを。

ミドル級
桜庭選手の事を〔彼を尊敬している>と字幕が出ていたシウバ選手による、アロアナ選手への仇討戦。TVでもそこんとこをフィーチャリングし煽る煽る!僕にはこの友情萌えとプロレス的演出は♪萌え上がっりぃますよぉぉ♪
お顔だけ見るとシウバ選手がヒールで、アロアナ選手がイケメン顔でベビーフェイスな筈なのに、アロアナ選手の前試合、桜庭選手を病院送りにしたエグくグロい試合で一気にヒールへ。シウバ選手はミドル級絶対王者で日本人選手とも好試合を展開してるので、やっぱりシウバ選手に感情移入してしまいます。が、しかし、シウバ選手負けちゃいましたよ。でも、決勝戦でアロアナ選手に勝ったショーグン選手はシウバ選手のジムの後輩という事で友情萌えと師弟の絆ストーリーは見事ハッピーエンド!ショーグン選手の踏み付けからのパンチ攻撃での勝利に高田氏は妙に興奮してたけど、アレ当然で、あれほど興奮する事ではないのでは?踏み付け攻撃に対し神経が行っていた隙にパンチ攻撃入れたんでしょ?

ヘビー級
「ドラゴンボールZ」人造人間編セル・ゲーム時の孫悟飯君みたいな「僕は本当は闘いたくないんだ」と言っているようなあの哀しいお眼々が僕は好きなヒョードル選手
VS
日本でCM出るは、本国クロアチアで主演したアクション映画のDVDがGAGAから発売になるはと、ボブ・サップ化してきているミルコ・クロコップ選手戦。作品タイトル入ったTシャツで入場してきたのは大笑い^O^
「ターミーネーター」の何作目かは解りませんがBGM流し捲くりでミルコ選手を煽る煽る!
ヒョードル選手のフック、ミルコ選手のハイキック、でのKOも観れず判定ってのはちょっと消化不良ですが、凄ぇ試合だった。

つ事で番組が煽った選手は負けちゃいました。

吉田道場の吉田選手と弟子の中村くん選手は勝ち、日本人勝って良かったね。

ミドル級決勝を闘ったショーグン選手とアロアナ選手は、ブラジル人。強いねブラジル人。サッカーも強いし、アントニオ猪木氏もブラジルで生活してたからねぇ。

posted by yossy at 02:54| Comment(4) | TrackBack(1) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

「その名は、DESTINY 2005」

三沢社長の所のプロレスリング「NOAH」の7・18東京ドーム大会DESTINY2005=@をTV観戦しました。詳しい試合経過、結果などは、他にお任せして、僕の感想を。

三沢光晴vs川田利明 戦:
うおぉ、ジャイアント馬場さん死去後、全日本プロレスを去った三沢選手と全日本プロレスを守った川田選手の闘いだぁぁ!全日時代の試合観てるみたい、タイム・スリップな感じだぁ。
川田選手相変わらず激しい。三沢社長エグいエルボー。試合後は、「いつ迄も一つ上の先輩でいて下さい」という敗者川田選手の爽やかなコメント。川田選手、全日本を卒業し事実上フリーという立場になったので、当時のわだかまりみたいなものは無いのかな。

小橋建太vs佐々木健介 戦:
鬼嫁こと夫人の北斗晶は観客席で、普通のメイクでおとなしく観戦。何だ?その逆水平の打ち合いは?ここは、笑いポイントであり、萌えポイント。この馬鹿っぷりが良い!うわ、紫色になってきた。解説やってた高山選手の提案のように、画面にカウンター表示させて何発打ってるか判らせてほしかったゾ、日テレ!健介ファミリー≠ニか言っちゃって、テレビ朝日の番組で一ヶ月一万円生活を夫人の北斗晶とやっちゃったりして(その間にIWGPのベルトはしっかりGETした。)ちょいとコメディー路線行っちゃた佐々木健介選手ですが、たまにこういう凄みを見せてくれるんだよねぇ。負けたくせに試合後にリング上から小橋選手に「ありがとう」と言ったり、解説やってた高山選手と握手したり、帰り際に夫人の北斗晶と抱擁。←このシーン見て流涙。この二人の結婚式をテレビ朝日が放送した時も健介のコメント聞いて流涙したのを思い出した。あの時は誰も、夫人の北斗晶が、鬼嫁でブレイクするとは思わなかったんだろうなぁ。何か爽やかだったな。いい試合が出来た。という充実感がそうしたのでしょうね、きっと。でもそれは、TV観戦していた僕にも伝わりましたよ、健介選手。今後も健介ファミリーと凄みを見せてくれる試合の2本立てでお願い致します。

小川良成vs天龍源一郎 戦:
元師弟対決って 事で煽ってましたねぇ。前の2試合とは違い、小川選手は天龍選手より30Kg体重が軽いので技を受けて凄みを見せる事が出来ません。Jrヘビーらしくかわしてますよ。天龍選手凄い!55歳だって!天龍選手勝利後は、元付き人の小川選手を気遣い肩を貸して花道を帰って行きましたよ。あら?ここも爽やか。

GHCヘビー級選手権試 力皇 猛vs(挑戦者)棚橋弘至 戦:
うおぉ、NOAHvs新日本だぁぁ!GHCヘビー級チャンピオンベルトを、「鋼の錬金術師」の等価交換の法則で頭髪を犠牲にし得た(此処にも実在した等価交換の法則!最近ホント、ヤバいっすよ、力皇選手!)力皇選手の張り手、凄ぇ!痛そう。流石、元力士。棚橋選手を降した力皇選手に凄みを感じました。

GHCタッグ選手権試合 丸藤正道 鈴木みのる VS (挑戦者)橋 誠 秋山準 戦: 
橋選手に肩入れする 秋山選手の気持ちも解りますが、世の中そんなに甘くないし、甘くちゃいけないんです。つ事で、丸藤正道 鈴木みのる組の勝ち。試合も映像も橋選手をフィーチャリングしてて。。。丸藤正道 鈴木みのる組の動きをもっと見たかったなぁ。

あとの試合は、ダイジェスト。

遺恨で引っ張るのも良いですが、試合終われば、ノー・サイド。なのも好きですよ。観てて気持ちいいすっよ。今夜の「NOAH」の7・18東京ドーム大会DESTINY2005≠フTV放送された試合では、爽やかさとプロレス/プロレスラーの凄みを再認識致しました。

いやぁ、こんな試合をマッチメイク出来ちゃう三沢社長、アンタ凄ぇ!




posted by yossy at 06:28| Comment(2) | TrackBack(2) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

プロレスラー破壊王°エ本真也選手追悼

昨夜は、ショックで白くなり思い浮かばなくなってしまったので、改めて書きます。

橋本真也選手は、ヤングライオンの時から見てましたね。「アントニオ猪木に憧れて」新日本プロレスに入団したのでその当時は黒いショートタイツで試合してました。髪がふさふさだった頃の武藤敬司選手と黒いカリスマに成る前の蝶野正洋選手との闘魂三銃士=A
アントニオ猪木さん、長州力選手、藤波辰爾選手、前田日明兄さんとこのUWF、ハッスルに成る前の小川直也選手との引退掛けた試合で負けて1回引退したり、と様々な死闘を繰り広げてくれました。新日本プロレスでは、上を倒して印籠を渡すという明確な世代交代が出来なかったのが残念でしたね。
そして、武藤選手はスキンヘッドに成り全日本プロレスの社長さんに成り、黒いカリスマに成った蝶野選手は新日本プロレスに残り、新日本プロレスを去った橋本選手は新団体Zero−One≠設立。橋本選手だけなんですよね、新団体を設立したのは。しかしこのZero−One≠熕ヤ字で活動停止に。
橋本選手を最後に観たのは、Zero−One≠ェ活動停止になる前に時々テレビ東京の日曜午後2時くらいからやっていたZero−One≠フ試合を放映していた番組でした。
「肩の手術をしてまたリングに戻ってきます。」と言ってました。
右肩にテ−ピングし捲りで試合をするその姿はジオン軍のMSザクのショルダーアーマーの様でした。「痛々しい破壊王は見たくない!」と番組にゲストで来ていた格闘技好きのタレント勝俣州和さんに言われてました。新日本プロレスのTV放映で昔実況をやっていた古館伊知郎さんがどんな事言うかなと思い「報道ステーション」観たら「彼は殉職です」と言ってましたね。
橋本選手は、観る度に「(頭の)血管切れそう」と思う、気迫の込もった感情まる出しな試合をしてましたね。鼻血もよく出してましたね。
死因は脳幹出血≠ニ言う脳の中の方が出血するもので助かる確立も低いそうです。脳幹出血≠フ主な原因は、高血圧とストレスだそうです。
生前の橋本選手はその生き様が、勝新太郎さんとダブる所が僕にはありました。
御遺族の方々、関係者の方々、ファンの方々、には本当に申し訳ないのですが、今は、こんな亡くなり方も橋本選手らしくていいじゃん。とちょっと、爽やかになってしまうんです。不謹慎で本当に申し訳ありません。
橋本選手は天国に行っても安らかに眠ったりしませんよ、先に逝ったプロレスラー達と闘いますよ。
24日のテレビ朝日「ワールドプロレスリング」で追悼番組を放映。
俳優としての遺作となった韓国映画「力道山」は来春公開らしいですよ。

合掌。

今活動しているプロレスラー、格闘家の方々は、体に本当×∞に気をつけて下さい。





posted by yossy at 23:59| Comment(2) | TrackBack(1) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

破壊王、逝く

27.jpg

プロレスラー橋本真也選手が亡くなりました。死因は脳内出血らしいです。
40歳だったそうです。早過ぎます。信じられません。
K−1のアンディ・フグ選手が亡くなった時も信じられなかったけど、
「病気と闘います」と生前にお手紙を残してくれたから泣く事も出来たけど。。。。。

リングに帰らぬまま逝ってしまった破壊王橋本真也。
本当に悔やまれます。

天国のリングでジャイアント馬場さんやジャンボ鶴田さん他
先に逝ったプロレスラーの方々と闘ってくれ。





ご冥福をお祈りいたします




posted by yossy at 19:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

♪その名はその名は、ムシぃキ〜ングっ!♪ 

6月25日に千葉市の幕張メッセで開催された
第22回次世代ワールドホビーフェア

三沢光晴社長率いるプロレスリング「NOAH」のNewマスクマンムシキング≠フお披露目が行われたわけですが、
期待していたマスクのデザインが
カブト虫
じゃなくてガッカリ。
〔角は?角無ぇじゃん>@o@
角着けたら対戦相手が危険なのは解りますが、
ライガーさんを見習い敢えて甲虫のような角を着け
ライガーさんとの団体の枠を越えた角対決≠期待してたのに。。。
こうなったら新日本プロレスは
ムテキング′セうNewマスクマンを出してみては。
〔どうですか?タツノコプロさぁん>
古くて駄目だ≧3≦
じゃあじゃあ、
同じ局で大好評放映中の「仮面ライダー響鬼」とのタイアップで
猪鬼′セう鬼をリングに登場させ「仮面ライダー響鬼」本編にも出すってのは?
〔どうですか?東映さぁん>
これも駄目だ≧3≦








posted by yossy at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

PRIDE GP 2005 2nd ROUND TV観戦

僕の注目試合:

田村vs瀧本戦
勿論、田村選手を応援です。
両者の想いをぶつけ合い客を萌え上がらせない試合に敢えてしている
田村選手にプロとして格闘技の世界でやってきた意地そして
「恐怖を教え込む」を感じましたよ。
瀧本選手にしてみれば
自分の想いをスカされた試合でKOされたら普通に試合しKOされた以上に悔しく
トラウマを刻み込まれる。
そこ迄計算して田村選手はやっていたと僕は思っています。
アントニオ猪木さんの試合でもこういう試合観た事ありますよ。
「あしたのジョー2」
の、矢吹丈vsホセ・メンドーサ戦で丈の目の奥で白く燃える炎を見て
「恐怖」を感じ脅え始めるホセ。
この試合にもここ迄の展開を田村選手に期待したのですが、
第3ラウンドで
田村選手をテイクダウンしマウントポジションになり終始圧倒した瀧本選手に
。茹サ。シ・鬘シ・なんかと仲良しさんに成り、成り↓ったフジテレビがあおる天才≠認めなきゃいかんなぁ。と、瀧本選手の人格は別にして思いました。
以上の事から
KOではなく判定勝ちした田村選手のこの試合におけるミッション達成率は余り↑くないですね。
ここが僕が田村選手に抱く「いま一歩」の所で悔しい所なんですよ。

中村vsシウバ戦
中村選手の試合途中リング上での柔道着脱ぎは
「俺スイッチ入りました!」
の、解り易いパフォーマンスで良かったんですが、
これは作り物じゃなくリアルなリングの上なのでそんなパフォーマンス/演出は不要です。
対戦相手シウバだぞ!ほら負けた。

桜庭vsアローナ戦
サクは入場パフォーマンスで中学生に成長!(^o^
しかし試合はお気楽に観れない流血&お顔変形の非情にシビアな展開に≧.≦
そして
♪サクラバマタチル♪
な結果に!(TДT)<入場パフォーマンスも打ち切りで未完。〕
悔しい。


8・28 ヒョードルvsクロコップ戦決定!←♪萌え上がるっ♪


レフェリーの方々が
テンプルに小型カメラを尻部に送信機を入れたポーチを装着し
レフェリングされているお姿は重そうで大変ですなぁ。⊂(ーー<選手の方が大変ですっ!〕

♪ComeonBaby♪な試合前の選手紹介のVTRは
「新世紀エヴァンゲリオン」
の、碇ゲンドウさんの立木文彦さんのお声と面白ナレーション原稿と編集で益々面白くなっている^^






 
posted by yossy at 00:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

6・25幕張

第22回次世代ワールドホビーフェア
での三沢社長の所の「NOAH」のNewマスクマン
ムシキング=b(≧n≦)|の発表見るのと
千葉マリンスタジアムでの
千葉ロッテマリーンズ観戦を抱き合わせしようと思ったら
マリーンズ、この日は遠征、対バファローズ戦です。



posted by yossy at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

絶対に負けられない兄弟喧嘩がそこには有る

花田兄弟の兄弟喧嘩。

この騒動、大相撲のイメージをダウンさせる物だ。

現役時代、大相撲の人気をめちゃくちゃ上げた花田兄弟なのにねぇ。
これは、どうよ?

お互いの立場から考え方とか違うのは解るんだけど・・・・・

こうなったら、もう、

<お前ら、そんなに喧嘩がしたいのか?お前ら元横綱だろ、
なら、リングの上で闘えぇ!〕
と、1、2、3、ダーーーーッ!で、アントニオ猪木さん頼み。
猪木さん、花田兄弟の遺恨を晴らさせてあげて下さい。お願いします。
大晦日、期待してます。


 〔どうですか?この記事読んでいるお客さぁん。>





posted by yossy at 09:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

K-1 WORLD GP 2005 IN PARIS 

♪四角い所は丸く掃けぇ♪
などと、
大人気で放映時間もいい時間にお引越しし、益々ペコポン侵略に拍車がかかる
「ケロロ軍曹」の主題歌を歌ってる場合じゃない事に気付き
「ケロロ軍曹」2年目最初のエンディングテーマを
納税王ハッスル小川直也にあっさり譲り渡した

 〔オイシイ思い出来るでありますよ><なのに、もったいない。ケーロケロケロケロ〕

角田伸明師範の復帰第2戦目は56秒の秒殺でマーべリックをKO。

やりゃ出来るじゃん。
これじゃぁ益々、復帰第1戦目の対曙戦は勝たせる為の試合と思われてしまう。
曙選手の圧力は確かに凄いが、
アンタがぼの太郎を倒すのを観たかったんだよ!

バンナ対アビディ
試合よりも
ラウンドを追う毎に手負いのバンナのお顔が変形していくのが気になり、
そして、面白かった。




<軍曹さぁん、角田師範は、ガンプラよりもゴジラのフィギュアのほうが欲って今回歌ってくれなかったみたいですぅ〜〕
〔何ですとぉ!>





posted by yossy at 14:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

K-1 WORLD MAX 2005開幕戦TV観戦

ネタばれ御免GONG!
posted by yossy at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

PRIDE ミドル級GP2005 開幕戦

秒殺復活 桜庭選手
今回の入場パフォーマンスは、
ランドセルを背負い新小学生1年生に扮してました。地味でした。
で、試合は、秒殺でした。もっと観たかったゾ、サク!
対戦相手の韓国の柔道選手の絞め技も観たかったゾ。
ま、でも、完全復活って事で、良かった良かった。

吉田選手惜しかったね。
僕の判定では、第1ラウンドは、吉田選手。第2ラウンドは、シウバ選手。
第3ラウンドは、シウバ選手優勢、でも、残り20秒位からの絞め技で決まるか?
って、思ったんだけど。

衝撃的だったのは、ランペイジvsショーグン戦。
「アバラ折れてます。」とアナウンス入った直後のコーナーでの、
ショーグンの怒涛のラッシュ!
攻め所ではあったけど、アナウンスとのタイミング良過ぎ。
映画の演出みたいだったゾ!

今後、PRIDEには、UFCからの刺客がどんどん来るらしいゾ。
posted by yossy at 05:11| Comment(0) | TrackBack(2) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。