2005年11月06日

その男、金髪の座頭市につき

最新作『TAKESHIS’』の公開に合わせ、
北野武監督の『座頭市』が、テレビ朝日の日曜洋画劇場特別企画で放映されましたが、
<邦画を放映する時は、特別企画に、変身っ!〕
『座頭市』は、北野武監督作品の中で一番好きな作品です。
解り易いし、時代劇を題材にした事で、暴力がアクションへと変身っ!してるし、
「座頭市」というヒーロー≠描いているのがいいです。
で、何より、ビートたけしさんが今迄演じてきた役の中で、1番カッコいい!!
<自作自演なんだから、いくらでもカッコよく出来るじゃん〕と、
ツッコミ入れられない程、魅力的です。
〔この作品を、シリーズ化してほしい!>と、公開時映画館で鑑賞後思いましたし、今夜また観てそう思いました。

公開時、話題になった時代劇中での、
金髪も違和感無く全然気にならないです。
タップ・ダンスも、祭り≠ニいう、観る者を納得させる理由付けが有るから気になりません。
それにエンディングだし。映画冒頭の、畑を耕すシーンから前振りしてるし。
この作品における、映像と音楽/音のシンクロ、効果音でいいのに敢えて楽器の音にしてみたり、って事は
『仮面ライダー響鬼』の作中でもたまにありますね。
和のテイスト、音/音楽、という『仮面ライダー響鬼』のコンセプトは、
『座頭市』からインスパイアされているかもしれませんね。

・<何で見えねぇふりなんかしてるんだ?〕と言う問いに対し、
 〔人の気持ちが解るんだよぉ>と言う座頭市。深い意味が有りますねぇ。カッコいい。
・ボス・キャラは、お声でバレバレです。
・CGで噴出す血ィがたまりません。
・殺陣のアクション・シーンがカッコいいです。
・座頭市と浅野忠信が刀抜いた時のファースト・コンタクトのシーンのカメラ・ワークが
 『MATRIX』のバレットタイムみたいでカッコいいです。
・刀を鞘から抜いたら、隣に居た奴の腕切っちゃったシーンに、リアリティーを感じます。
・最後の最後にオチをつけてくれるのは、流石、お笑いやってる
 ビートたけしさんです。


刀持ってる両手を斬られて血ィがプシュゥゥってなっちゃって、腕が宙を飛ぶシーンは流石にカットされてましたね。
あれ?これって『キルビルVol.1』だっけ?
『座頭市』と『キルビルVol.1』って、公開時期が同じ時期で、1日に両作品を観たような記憶が。
<老化に因る永年的な記憶の混乱だ〕 〔五右衛門ぉぉん!>


座頭市に助けてもらい、お家に連れて来るキャラを演じた女優さんは、『ノロイ』に出ていたボカシ無しOKの素人さんにソックリなのは、何ぁぁZeぇぇ?
だって、『ノロイ』って映画じゃなく、ドキュメンタリーでしょ?
























posted by yossy at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9050203
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

「座頭市」〜曲者ぞろいの面々
Excerpt: 2003年監督/北野武出演/ビートたけし 浅野忠信 夏川結衣 大楠道代 岸部一徳   石倉三郎 柄本明 ガナルカナル・タカ 橘大五郎 大家由祐子ヤクザの親分・銀蔵と大店の主人・扇屋が幅を利かせている宿..
Weblog: お茶の間オレンジシート
Tracked: 2005-11-09 19:07

2005年11月06日

その男、金髪の座頭市につき

最新作『TAKESHIS’』の公開に合わせ、
北野武監督の『座頭市』が、テレビ朝日の日曜洋画劇場特別企画で放映されましたが、
<邦画を放映する時は、特別企画に、変身っ!〕
『座頭市』は、北野武監督作品の中で一番好きな作品です。
解り易いし、時代劇を題材にした事で、暴力がアクションへと変身っ!してるし、
「座頭市」というヒーロー≠描いているのがいいです。
で、何より、ビートたけしさんが今迄演じてきた役の中で、1番カッコいい!!
<自作自演なんだから、いくらでもカッコよく出来るじゃん〕と、
ツッコミ入れられない程、魅力的です。
〔この作品を、シリーズ化してほしい!>と、公開時映画館で鑑賞後思いましたし、今夜また観てそう思いました。

公開時、話題になった時代劇中での、
金髪も違和感無く全然気にならないです。
タップ・ダンスも、祭り≠ニいう、観る者を納得させる理由付けが有るから気になりません。
それにエンディングだし。映画冒頭の、畑を耕すシーンから前振りしてるし。
この作品における、映像と音楽/音のシンクロ、効果音でいいのに敢えて楽器の音にしてみたり、って事は
『仮面ライダー響鬼』の作中でもたまにありますね。
和のテイスト、音/音楽、という『仮面ライダー響鬼』のコンセプトは、
『座頭市』からインスパイアされているかもしれませんね。

・<何で見えねぇふりなんかしてるんだ?〕と言う問いに対し、
 〔人の気持ちが解るんだよぉ>と言う座頭市。深い意味が有りますねぇ。カッコいい。
・ボス・キャラは、お声でバレバレです。
・CGで噴出す血ィがたまりません。
・殺陣のアクション・シーンがカッコいいです。
・座頭市と浅野忠信が刀抜いた時のファースト・コンタクトのシーンのカメラ・ワークが
 『MATRIX』のバレットタイムみたいでカッコいいです。
・刀を鞘から抜いたら、隣に居た奴の腕切っちゃったシーンに、リアリティーを感じます。
・最後の最後にオチをつけてくれるのは、流石、お笑いやってる
 ビートたけしさんです。


刀持ってる両手を斬られて血ィがプシュゥゥってなっちゃって、腕が宙を飛ぶシーンは流石にカットされてましたね。
あれ?これって『キルビルVol.1』だっけ?
『座頭市』と『キルビルVol.1』って、公開時期が同じ時期で、1日に両作品を観たような記憶が。
<老化に因る永年的な記憶の混乱だ〕 〔五右衛門ぉぉん!>


座頭市に助けてもらい、お家に連れて来るキャラを演じた女優さんは、『ノロイ』に出ていたボカシ無しOKの素人さんにソックリなのは、何ぁぁZeぇぇ?
だって、『ノロイ』って映画じゃなく、ドキュメンタリーでしょ?
























posted by yossy at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9050203
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

「座頭市」〜曲者ぞろいの面々
Excerpt: 2003年監督/北野武出演/ビートたけし 浅野忠信 夏川結衣 大楠道代 岸部一徳   石倉三郎 柄本明 ガナルカナル・タカ 橘大五郎 大家由祐子ヤクザの親分・銀蔵と大店の主人・扇屋が幅を利かせている宿..
Weblog: お茶の間オレンジシート
Tracked: 2005-11-09 19:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。