2006年01月18日

<チェ・ジウ、日本のTVドラマに立つ〕

「ジウ姫、降臨」
時に、西暦2006年 01月15日21時00分 TBS
『輪舞曲−ロンド−』の放映が始まった。

「ジウ姫、降臨」
時に、西暦2006年 01月15日21時00分 TBS
『輪舞曲−ロンド−』の放映が始まった。

我が千葉ロッテマリーンズのCMキャラクターも務める、チェ・ジウさんが日本の連続TVドラマで主演をなさるという事で、観ました。
〔ジウ姫の台詞は誰が吹替えるのだろう?>心配していたら、チェ・ジウさんは韓国語で台詞を言い、日本語の字幕が出ていました。他の韓国人キャストも韓国語で台詞を言い、日本語の字幕が出ていました。手間と¥のかかるドラマだなぁ。でも、ここに韓国の俳優さん方々のカッコ良さや、自分の国に対する誇りを感じる。
僕の周りでは、〔オマエら一体何人(なにじん)だ!>と『SAYURI』の日本人キャストに対して非難轟々です。 亡国でいーです は、今でも米国に対して憧れが強いでしょう。〔米大リーグに行きたい!>日本人野球選手は後を絶たないし。これに関しては、野球が米国で発祥したものだし、スポーツだからいいや。と思うし応援もしたくなるが、
作品創りで、日本語や文化に関しては譲ってはいかんと思う。
そこいくと、ドラマの展開としてもチェ・ジウさんが日本語を話せない。というのはポイントなのでしょうが、韓国人が韓国語を、日本人が日本語を話しているこのドラマは、イイね。〔日本語で話すのは、挨拶だけです。>と言うた韓国人キャラは格好良かった。この日本語を話さないという事も日韓問題が抱えている事へのドラマセイ作者達からのメッセージと思いたい。
こうやって作品創りを通して交流していくのイイね。
チェ・ジウさんが在日韓国人キャラなら片言でも日本語を話して頂かないと困るんですけどね。

で、ドラマですが、
これは、江口洋介さん主演TBS『逃亡者』の制作スタッフがやってるのかな?『逃亡者』ぽいんだけど。好きな作品です『逃亡者』。OP曲と松たか子さん歌唱のED曲、大好きです。
竹之内豊さん演じる主役キャラが、長期潜入工作員(もぐら)なので、香港映画の『インターナルアフェア 無間道』ぽいんだけど。

主役キャラが、警察官に成る決意をした幼少時の出来事を描く為に2時間枠だったわけだすが、幼少時の出来事は、毎週断片的にインサートして、視聴者にそれとなく感付かせておいて、最終回近くになったら、幼少時の出来事のシーンを流して〔ああ、やっぱり!>と視聴者に解らせる方が良かったなぁ。それで引っ張る気は無いって事だよね、これは。

チェ・ジウさん姉妹は父を探す為に日本に来たそうで。うわ!ベタなせ設定!で、日本で料理店をやっていた伯父さんが半年前に畳んだ住居兼店にやって来るが、半年も空気の入れ替えしてない家だぞ、何かリアクションさせるシーンが欲しかったし、家中の窓を開くシーンも欲しかった。チェ・ジウさん姉妹は此処で、韓国料理店を始める事にしたようだが、日本語を話せない姉妹で店を始められるのか?開店の為の許可とか日本語を話せないのに大丈夫なのか?

ヴァイオリン演奏のバイトをした店で、¥をめぐり店主とトラブルになり怪我を負いそうになったチェ・ジウさんを、偶然居合わせた竹之内豊さん演じる主役キャラが助け、
後日、これまた偶然で、犬を交代で飼う事 で、二人を再会させ仲を深めていくファクターにするとは。〔犬かよ犬!>つツッコミ入れたよ。 因みに犬の名は、ジャスティス(=正義)。主役キャラの性格と想いが垣間見て取れる命名です。

まだ、第1話でキャラ紹介なので。今後どのような展開になっていくのでしょうか?主役キャラ二人の出生の秘密とか暴かれて行き、結ばれてはいけない!みたいになっていくのかな?

チェ・ジウさん姉妹の父は、竹之内豊さん演じる主役キャラの父を殺した犯人で、組織の一員。
ってオチでどすか?
posted by yossy at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11854325
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

2006年01月18日

<チェ・ジウ、日本のTVドラマに立つ〕

「ジウ姫、降臨」
時に、西暦2006年 01月15日21時00分 TBS
『輪舞曲−ロンド−』の放映が始まった。

「ジウ姫、降臨」
時に、西暦2006年 01月15日21時00分 TBS
『輪舞曲−ロンド−』の放映が始まった。

我が千葉ロッテマリーンズのCMキャラクターも務める、チェ・ジウさんが日本の連続TVドラマで主演をなさるという事で、観ました。
〔ジウ姫の台詞は誰が吹替えるのだろう?>心配していたら、チェ・ジウさんは韓国語で台詞を言い、日本語の字幕が出ていました。他の韓国人キャストも韓国語で台詞を言い、日本語の字幕が出ていました。手間と¥のかかるドラマだなぁ。でも、ここに韓国の俳優さん方々のカッコ良さや、自分の国に対する誇りを感じる。
僕の周りでは、〔オマエら一体何人(なにじん)だ!>と『SAYURI』の日本人キャストに対して非難轟々です。 亡国でいーです は、今でも米国に対して憧れが強いでしょう。〔米大リーグに行きたい!>日本人野球選手は後を絶たないし。これに関しては、野球が米国で発祥したものだし、スポーツだからいいや。と思うし応援もしたくなるが、
作品創りで、日本語や文化に関しては譲ってはいかんと思う。
そこいくと、ドラマの展開としてもチェ・ジウさんが日本語を話せない。というのはポイントなのでしょうが、韓国人が韓国語を、日本人が日本語を話しているこのドラマは、イイね。〔日本語で話すのは、挨拶だけです。>と言うた韓国人キャラは格好良かった。この日本語を話さないという事も日韓問題が抱えている事へのドラマセイ作者達からのメッセージと思いたい。
こうやって作品創りを通して交流していくのイイね。
チェ・ジウさんが在日韓国人キャラなら片言でも日本語を話して頂かないと困るんですけどね。

で、ドラマですが、
これは、江口洋介さん主演TBS『逃亡者』の制作スタッフがやってるのかな?『逃亡者』ぽいんだけど。好きな作品です『逃亡者』。OP曲と松たか子さん歌唱のED曲、大好きです。
竹之内豊さん演じる主役キャラが、長期潜入工作員(もぐら)なので、香港映画の『インターナルアフェア 無間道』ぽいんだけど。

主役キャラが、警察官に成る決意をした幼少時の出来事を描く為に2時間枠だったわけだすが、幼少時の出来事は、毎週断片的にインサートして、視聴者にそれとなく感付かせておいて、最終回近くになったら、幼少時の出来事のシーンを流して〔ああ、やっぱり!>と視聴者に解らせる方が良かったなぁ。それで引っ張る気は無いって事だよね、これは。

チェ・ジウさん姉妹は父を探す為に日本に来たそうで。うわ!ベタなせ設定!で、日本で料理店をやっていた伯父さんが半年前に畳んだ住居兼店にやって来るが、半年も空気の入れ替えしてない家だぞ、何かリアクションさせるシーンが欲しかったし、家中の窓を開くシーンも欲しかった。チェ・ジウさん姉妹は此処で、韓国料理店を始める事にしたようだが、日本語を話せない姉妹で店を始められるのか?開店の為の許可とか日本語を話せないのに大丈夫なのか?

ヴァイオリン演奏のバイトをした店で、¥をめぐり店主とトラブルになり怪我を負いそうになったチェ・ジウさんを、偶然居合わせた竹之内豊さん演じる主役キャラが助け、
後日、これまた偶然で、犬を交代で飼う事 で、二人を再会させ仲を深めていくファクターにするとは。〔犬かよ犬!>つツッコミ入れたよ。 因みに犬の名は、ジャスティス(=正義)。主役キャラの性格と想いが垣間見て取れる命名です。

まだ、第1話でキャラ紹介なので。今後どのような展開になっていくのでしょうか?主役キャラ二人の出生の秘密とか暴かれて行き、結ばれてはいけない!みたいになっていくのかな?

チェ・ジウさん姉妹の父は、竹之内豊さん演じる主役キャラの父を殺した犯人で、組織の一員。
ってオチでどすか?
posted by yossy at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11854325
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。